30才を目前、突然『着物』に目覚めた私。着付けと同時に始めた『茶道~裏千家』に関する初心者ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新旧色男対決!なタイトルですが(笑)

先週京都へ出掛け、幕末と現代を代表する色男を見て来ました~^^
前日も出掛けて体力的に辛かったので…今回は洋服で。

この日のメインイベントは歌舞伎
京都南座で、市川海老蔵さんの「義経千本桜」を観てきました

この舞台は結婚前の欧州凱旋公演で演じられたものです。8月に新橋演舞場で、9月は京都南座で、と長きにわたり演じられた演目です。




お目当ては宙づりの狐!




前評判通り
全身で狐を表現する舞は圧巻でした!!
しゃがみ込んだまま跳びはね(ウサギ跳び)た後、そのまま1?はあろうセットへ跳び移った時は、鍛えられた足腰に場内から大きな拍手がわきました

また、狐が山へ帰る宙づりのシーンも大歓声がわいていました^^
今回、座席が…後ろで残念したが
オペラグラス越しに、あの目力をこの目で見れて感動でした



夜公演の歌舞伎迄は京都伏見を散策

黄桜酒造を見学→ランチをし、すぐ近くの寺田屋へ行きました。




が。

見渡す限り人、人、人!!
寺田屋自体そんなに広くないですし、ちょうど昼食を終えた観光バスが引っ切りなし到着しあっという間に人の渦となりました。
拝観するのに何十分も待たなくては行けず、根性がない母娘は写真だけ撮ってあっさり退散しました~(笑)

ミニ龍馬像とツーショット





龍馬館でお土産を物色してると、こんな物を見つけました↓





大河ドラマでお馴染みの名士が勢揃いでなんか楽しいです~♪





幕末の志士それぞれ味が違います↓





ちなみにバラ売りもありました。母親は志士で選ばず好みの味で選んでいたのですが、欲しい味がなくお店の方にセットをバラしてもらうあたり、さすが関西のオバチャン…でした


二人の色男を堪能し
京都の町を散策し(この日は天気も良かった)
すっかりリフレッシュできました

お土産の羊羹を使って、お茶のお稽古に励むとします

スポンサーサイト

【2010/09/30 19:21】 | 和の観劇
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。