30才を目前、突然『着物』に目覚めた私。着付けと同時に始めた『茶道~裏千家』に関する初心者ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、京都高台寺の夕涼み茶会に行ってきました。
夕涼み茶会とは
その名の通り夕刻(17時~18時の)より始まるお茶会で、さらに浴衣で参加すると割引があるという嬉しいお茶会でした♪
(一席\2500→\2000)

私が習っている裏千家とは違う表千家であることは承知の上でしたが、せっかくの機会だし!と恐れを知らずお正客席に座ってきました~

とは言え、一般の方が参加されるお茶席、皆さん個性的な頂き方でしたし(笑)お茶室内は撮影OK♪
お正客と言えどもなんら気取らずに楽しめました^^

▼ではまず、私が頂いたお茶碗から↓




お茶会のテーマは夕涼み、ということでガラスの茶碗でした

ガラスなので熱に弱く熱湯を入れると割れることもあるそう注いだ時点で大丈夫でも、優しく茶筅を振らないとその振動で割れる恐れもあるという、とても難しいお道具だそうです。
割らないように、でもお抹茶をダマで残さないよう綺麗にお茶を立てる。

ガラスなんて大したことなさそうーと呑気に考えてた私^^;
頂いた後で説明を伺い、有り難みが何倍にもなったのでした。

もちろん言うまでもなく美味しく頂きました


▼続いては次客、我が母のお茶碗です↓





紫陽花です♪
紫陽花好きの母にピッタリのお茶碗が当たって良かったです~

ちなみに三客さんのお茶碗は最後まで頂くと金魚が現れる粋な物でした!写真が撮れなかったのが残念!



▼お点前は立礼↓





豊臣秀吉ゆかりのお寺ということで、釜と水差しがひょうたん型でした

▼お道具↓





ガラスのお棗に、なんとべっ甲のお茶杓!!珍しいと頑張って写真を撮りますが、黒のテーブルにフラッシュが反射して上手く撮れない~でもお道具に触れてはいけないのでこれが一番いい写真なんです…
夕涼み茶会にぴったりの涼やかなお道具で素敵でした^^


▼最後は浴衣コーディネートです

まずは私↓




続いて母↓




合わせた訳ではないのですが、偶然二人共紺色になりましたー

スポンサーサイト

【2010/08/15 10:53】 | お茶
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。